美肌 青汁

美肌青汁 ケール

ケールはアブラナ科の植物で、ヨーロッパが原産。はじめて日本にやっってきたのは江戸時代といわれています。

 

地中海沿岸に多く、キャベツの原種です。欧米ではロールキャベツなどに利用されています。

 

日本ではケールそのものを野菜として食べられることはありませんでしたが、現在は青汁として飲まれるケースが増えています。

 

ケールは食物繊維はもちろんカロチン・カルシウム・鉄・リンなどのビタミン・ミネラル類も豊富に含んでいます。

 

100g中には蛋白質3.9g、脂質0.6g、糖質7.2g、リン67mg、カルシウム225mg、ビタミンA3300IU、ビタミンB1 0.15r、ビタミンB2 0.325mg、ビタミンC 125.5mgなどを含んでいます。

 

野菜類では群を抜いてビタミンEの含有量が多く、さらに、ナトリウムの排泄に大切な働きをするカリウムも多く含まれています。

 

キャベツにも含まれるメラトニンが多く含まれています。

 

メラトニンは、寝ている間に人間の脳からも分泌されるもので、睡眠を促進し,時差ぼけを和らげます。年齢とともに少なくなっていくものです

 

一覧に戻る