美肌 青汁

美肌青汁 大麦若葉

麦には大麦、小麦など種類があり、大麦の若い葉を原材料にした青汁が人気です。

 

麦踏みという言葉があります。大麦は栽培の途中、新芽を何度も踏みつけることで株分けがおこって増えるので、麦踏みをするわけです。
踏まれてもかれない大麦は、大変生命力の強い植物です。

 

穂の部分を食べるのが普通でしたが、草丈 20cm前後の若葉にはアミノ酸、カルシウムといったミネラル類、葉緑素などが豊富に含まれていることがわかりました。また、くせの無い味が特徴です。

 

大麦は、世界最古の穀物の一つといわれでいます。およそ1万年ほど前から現在のイラク付近で栽培されていたといわれています。
約3000年前の古代エジプト、ツタンカーメン王の墓から、副葬品として納められた大麦が発見されています。

 

大麦は、小麦よりも早く、日本に伝わりました。1,800年ほど前に中国から朝鮮半島を経て伝わったと考えられています。
奈良時代には、日本各地で広く栽培されていました。

 

二条大麦

二条大麦は大粒大麦ともいわれ、ビール、焼酎、麦ご飯をして食されています。
米と混ぜて「大麦ごはん」として食べられるようになったのは、平安時代からといわれています。

 

六条大麦

二条大麦は、麦茶、麦ご飯、うどんの材料として使われます
小粒大麦とも呼ばれます。

 

はだか大麦

はだか大麦は、味噌の原料として使われます。

 

 

大麦若葉 大麦若葉

 

 

 

 

一覧に戻る